霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
天から役目を与えられた人達

小沢一郎は日本の経済を守るために、天が選んだ一人でしたが、己の権力への欲望に負けてしまった人です。

2009年12月15日のブログで、天が怒った事を書き込んでいますので転記します。

  

 2009.12.15 Tuesday

時は今  天が下知る 師走哉

author : tamanisama

とうとう本性を出した小沢
宮沢大臣の時、反旗の一札を投じたその時「日本丸を背負わねばならない男が、己を取った。今から日本の経済はどん底におちる。その事を知っていながらの一札を出した。魔に心を売ってしまった小沢は、善、悪の判断が無くなり、勝つために手段を選らばなくなり、政治家のモラルである「禁じ手」を駆逐して、多数派を創る事になるだろう。」と神は怒った。そしてその通りになった。
「私の霊体玉尼様に導かれて(文芸社)」の中の「88」政治について、又ブログにも書きこんでいる様に暫らく待つ事とした。
終戦後今日を危惧した人物が二人いました。三上照夫先生と松下幸之助氏です。「時とともに混迷の度を増しつつある日本、困難な時こそ人物は生まれる、時代が人物をつくる。今こそ真の指導者、私心を捨てて日本を背負っていこうとするリーダーが求められている。」リーダーを育てる為に政経塾を開いたのです。
政経塾の卒業生達 時は今 敵は自民党に在らず 小沢にあり。三上学説に報いるのは 今この時 神風は必ず勝利に導く事でしょう。
    

      神道と仏教を信仰し
      天皇陛下を國父と
      皇后陛下を國母と仰ぎ
      儒学武士道を心とする
      大和国日本の我等が
      世界を平和に導くのです。 

| 玉尼様のことば | 16:43 | comments(0) | - |









+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
このページの先頭へ