霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
朝鮮京城府龍山区練兵町より引き揚げ、お帰りになられた 大師像回向の案内

このたび、十数年来の念願がかないまして、朝鮮京城府龍山区練兵町に安置され、人々の願いをかなえていた弘法大師像仏様をお迎えすることとなりました。
(現地ではもくれんたいし様とお呼びしていたと伝わっているのですが、弘法大師像と並んで、蔵王大権現像も安置されていましたので、天狗、木霊神信仰として、【木霊さん、と弘法大師さん】と御呼びしていたのではないかと、考えられます。)

終戦を迎え、霊能者であった女性の方が「日本に帰りますがご一緒にお連れすることができません。」とお詫びをしましたところ、体が動かなくなり、お箸でご飯がすくえなくなったそうです。ハッと気がつき、「私が背負って日本にお連れいたします。」と手を合わせた途端、体が動いたそうです。
一斗缶に入り背負われて、金蔵寺のお旅所前の家まで帰ってこられたこの大師像をお迎えして、皆様の幸せを一緒に祈りたいと思います。

十二月十三日木曜日 午前十時三十分より ペガサスにて回向をいたします。

| 弘法大師像の願い | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ