霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
礼記に学ぶ
  18学記

  「玉琢かざれば器を成さず、    人学ばざれば道を知らず。」
  (たまみがかざればきをなさず   ひとみがかざればみちをしらず)

すばらしい原石も、形に削り、磨き上げることにより、すばらしい祭器に成ります。
それと同じように人間も人としての立派な生き方、礼儀(相手を思いやる心、相手を尊敬する心)、を学ぶことにより、すばらしい人になれる。

『礼を勉強しているのは、自分を磨くことをしている。自分を磨くことによって相手との人間関係がうまくいく。相手とは、親子、兄弟姉妹、夫婦、近所、まわりの人達のことです。』
| 古典の解釈 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ