霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
礼記に学ぶ
 18 学記

  「嘉肴有と雖も、食わざれば其の旨きを知らざるなり。」
  (かこうありといえども、くわざればそのうまきをしらざるなり)
       
  「志道有りと雖も、学ばざれば其の善きを知らざるなり。」
  (しどうありといえども、まなばざればそのよきをしらざるなり)


嘉肴(かこう)とは美味しい料理です。どんなに美味しいごちそうでも、食べなければほんとうの美味しさを知る事は出来ない。
そのように志道(しどう)とは、人としてのりっぱな生き方の教えのことですが、立派な、正しい徳のある人としての生き方を学ばなければ、教えを知ることが出来ません。

この教えはもっと掘り下げて教えてくれています。

聞いただけ、読んだだけ、では「知識」にとどまったままである。その「知識」を実際に行動に移す事が、
本当に学ぶことである。
| 古典の解釈 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ