霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
何故歴史を学ばなければならないのか
世界の先人者達は、歴史を学ぶ事からその目標とする、事、人物を知る事ができ、その目的を達する為にどのような人生を歩んだかを知り、そこに自らが直面している姿を合わせ、自分には何が足りないかを考える。そうしてその人物の叡智に、歴史の叡智にわが身を委ねるのです。

歴史を学ぶことで、自分の器を大きくします。
器とは責任の範囲のことです。まず責任の範囲を把握することです。
会社は社長の器以上になる事はないそうです。発展するためには歴史から学び、器を大きくしましょう。

中国最高の軍師といわれた諸葛孔明、また兵法の孫子も、儒学の孔子も、わが国では、大化の改新の中臣鎌足、源義経、上杉謙信、楠正成等が古代中国の覇道や王道を説いた太公望(呂尚)が著したとされている、【六韜、三略】から学びました。

その太公望と周の文王の出会いの中から人間関係で一番大切な『情』のところを書き込みます。

文王は問うた。
「その深遠なる情を教えて欲しい」

太公望は答えた
「水源から水が懇々と湧き、深くなれば水は尽きることなく流れ、その流れの中にはじめて魚が生まれます。これが情です。
根が深く張るからこそ木は成長し、はじめてそこに実がなります。これが情です。
君子と臣下が志を同じくして、睦あって事をなしてはじめてそれを情といいます。
言葉の対応は情の飾りです。言葉を飾らず、至情を申しあげることは、事の極みと言えます。
今私は、言葉を飾らず、至情を存分にもうし上げたいと重いますが、気を悪くせずにお聞きいただけますか。」
この後太公望は文王に教えを説かれました。

| 偉人に学ぶ | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ