霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
男と女に生まれ分けられる意味があるのです
 しんさんの苦悩は金剛の価値があります。
この苦行を与える為に与えられた彼女は菩薩の権現かと、ペガサス会の母としてわが子の為に手をあわせたい気持ちです。

「あの程度のことでは無く、男と女のつき合いには、男でなく女にはしてはいけないことがあるのです。
女はその事を守る為に、厳しくしつけられるのです。
貴方の母と姉ならどの様な行動をしたでしょうか?
わかりましたか?責任は女にあるのです。
貴方の育ち方、価値観、が彼女の価値観とは違うのです。彼女にとってこのことは、あくまでも正しい行動なのです。だから必ず同じ事が相手が変わるだけで繰り返されるのです。
それ以上に貴方の子供への【しつけ】をするのは妻の仕事なのだから、妻にするには相応しく無い人だということです。
しんさんの幸せの基準、根本は何ですか?
信頼、信じ合える絆なのではないのですか。そのように何十年も両親から洗脳されて育ってきたのではないのですか。・・・・・・目をさましなさい。


『男は〔種〕によって、一族を広め国を自分の一族で固める。』という古来からの役目が現世でも妻、妻妾を何人もっても許されるという。霊界に帰ると浮気した数だけ「お尻ペンペン」で許される、等々。』男として生まれた特権でしょうが、その事は教養(中国四書)で変えていきましょう。

だからこそ、【女】には厳しい躾が必要なのです。その躾が、徳育がなされていない女性があまりにも多すぎて心配しています。いくら学歴が高くても、教養がついていない女性には未来の世界を担う子育ては出来ません。又このように育った価値観を変えることが不可能に近いほど難しいのです。それは「自分が正しい」と思っているからなのです。学問からでないと変えてあげることは出来ないと思います。

しんさん、貴方は自分自身に自信を持ちなさい。
貴方の生きてきた経験、実績、学問、を土台にして、あなたは大きな愛があふれて、頼れる男として成長していることに気がつきなさい。

男は男のつき合いに女をはさんではいけません。男と女の恋愛は心の奥座敷の中の出来事です。
青春の大切な思い出として、心の玉手箱の中に収めてください。






| 玉尼様のことば | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ