霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
「成る」と「為す」 
安岡正篤一日一言より
 「やれるだけやる。そして成る様にしか成らぬ。」
成るということの中に為すということふがあり、為すということの中に成るということがある。
成るということは為すということ、為すということは成るとということが分かれば、命を知るというものだ。



「人事を尽くして、天命を待つ。」(出来るだけの努力をして、あとは天の意志にまかせる。)この諺もやれるだけ、これ以上は無理、出来ないまでの努力をまずしなさいと教えていますが、その後は天の運に身を任せるしかないと、運にゆだねています。

でも安岡先生の一言は、もっと厳しく胸に応えます。
成るということのなかに為すがあるとは、自分が努力、行動したこと、為したことだけしか成果がでないものだ、為しただけにしか成らないものなんだ、と甘えを許さない厳しさを教えられます。

成功している人は、それだけのことを為しているのです。と教えてくれています。
その後に、「だからそれだけのことを為せば、必ず成功するのですよ。」と励ましてくれている温かさも感じます。





| 偉人に学ぶ | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ