霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
論語に学 (親の歳を知っていますか)
                    
 「子曰く、父母の年は、知らざる可からざるなり。一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る。」
(しのたまわく ふぼのとしは、しらざるべからざるなり。いつはすなわちもってよろこび、いつはすなわちもっておそるなり)

『子供として、親の歳は、きちんと覚えておくべきである。ひとつにはその長寿を喜び、またひとつにはその老いを、病気などを心配するからだ。』


お父さん、お母さんの歳を知っている人は、常に親を思い、親に気遣いをしている人です。
多くの人は仕事に生活に追われ、親の歳をかぞえるゆとりも無く月日がたっていくものです。
子供の誕生日と同じように、両親の誕生日もカレンダーに書き込みましょう。年に一回だけでも両親の歳を数えて、感謝しましょう。


| 古典の解釈 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ