霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
日本人の誇りを聖徳太子に学ぶ
 「日出処(ひいづるところ)の天子、書を日没する処の天子に致す。つつがなきや・・・・・・・」

聖徳太子は日本を属国にしたいとおもっている隋の煬帝に、日本は隋と対等の独立国家である。と誇りをもって書簡を送りました。

毅然とした、日本を守る断固たる意志こそ、大和魂だと思います。
平成の日本の尊厳を守には、政治家だけに求めるのではなく、私たち日本人の血のなかに脈々と受け継がれている大和魂を目覚まし国を守らなければならないと教えられます。
| 日本史に学 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
このページの先頭へ