霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
「勝つ人は一人もいない」(法句教より)
 「勝利者が勝ち取れるものは敵意である。
 敗れた人は、苦しんで萎縮する。
 心穏やかな人は、勝敗を捨てて安らかに過ごす。」   法句教201


対人関係でも、仕事、商売においても勝利者は敗者の敵意にきずかないものです。ましてや勝ち誇り有頂天になり、そこから謙虚さを失いおごり高ぶり、思いあがりますから尚更です。
足元をすくわれる結果になります。其の時になってもそれが敗者の敵意から出たことに気づきません。

自己愛、自分だけの為が発想の原点であれば、必ず勝負になります。勝たなければ幸せになれないと悪循環になります。
利他愛、自分が欲しい事は相手も同じだから勝負するのでなく分け合う心の大きさがあれば、いつも心安らかに過ごせます。

教は理解する事ができますが、実行は難しいですね。
明日から小さなことから試してみましょう。
| お釈迦様の教 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
法句経から学、心が幸せに成る為の指針
「ものごとは心に導かれ、心に仕え、心によって作りだされる。  
もし人が、清らかな心で話し、行動するなら、その人には楽が付き従う。 
 あたかも身体から離れる事のない影のように。」・・・・・・・・・・・・「楽」とは執着や怒りなどの煩悩にふりまわされることなく、心穏やかに日々を過ごす事です。


 「自分の罪過を指摘し、叱ってくれる智慧深い人というのは、
 自分に財宝のありかを教えてくれる人と同じであり、 
そういう賢者に出会ったならつき従って行け。
 そういう人に従えば、良いことがあり、悪いことはない。」・・・・・・人間の私ほど幸せなものは無いとありがたく思います。
44歳で幽体離脱して玉尼様から霊界の賢者からの教を聞くことが出来るのですから。体感として教わりますので、様々な書物から言葉、文章を引き出してみんなにお伝えすることが、私の役目と思っています。はやく役目だけに専念できるようになれるのには、私がまだまだいたらないのだと反省しています。 


「善は急げ。心を悪から遠ざけよ。
 徳を積むのにのろのろしていたら、
心は悪事に惹かれてしまう。」・・・紀元前の昔から生まれかわり、死にかわりしながら、善行を積むことで心穏やかな幸せを求めているのです。
自分だけでなく家族のすべての人達の為に積み上げましょう。  
| お釈迦様の教 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
このページの先頭へ