霊体玉尼様のお言葉  【霊能者】

私の霊体・玉尼様に導かれて

ペガサス会連絡先
筍娃牽掘檻牽隠押檻娃牽隠
天から役目を与えられた人達

玉木雄一郎はこれからの日本を背負う政治家として選ばれています。

 

小沢一郎は平成の桜の枯木です。「枯木に花開く」はありません。論語に「子曰わく、朽木は彫るべからず、糞土の牆はぬるべからず。予に於てか何ぞ誅めん。」

 

玉木雄一郎は、令和の梅です。令和の梅の木にしっかりと付いている「つぼみ」です。つぼみで落ちては成りません。花開くには、時間が必要です。

『意中有人』・・・・誰に相談するか、誰と組んだらより良くなるか

政治家としての学識、見識を高め、己を無にして為さねばならぬ事に、はやく気がついて欲しいと天は見守っています。  

 

 

| 玉尼様のことば | 18:46 | comments(0) | - |
天から役目を与えられた人達

安倍晋三は、今世紀のこの時の為に天が選んだ人物です。

 

終戦後、日本国を守る為、天が選んだ総理大臣は、吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、安倍晋三です。

 

1946年日本国憲法成立

敗戦国政府としては、GHQがたった1週間で作った草案を受け入れることしか出来なかったのです。

「日本人が作った日本国憲法で無いからこそ、日本人が作り直さなければならないのです。」

吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作と四人の総理達の意思を実現、実行を可能にすることが出来るのは、安倍晋三現総理大臣なのです。

今や、世界の平和の為には、無くてはならない人物なのです。

安倍晋三総理大臣を日本国国民が守りましょう。

| 玉尼様のことば | 17:38 | comments(0) | - |
天から役目を与えられた人達

小沢一郎は日本の経済を守るために、天が選んだ一人でしたが、己の権力への欲望に負けてしまった人です。

2009年12月15日のブログで、天が怒った事を書き込んでいますので転記します。

  

 2009.12.15 Tuesday

時は今  天が下知る 師走哉

author : tamanisama

とうとう本性を出した小沢
宮沢大臣の時、反旗の一札を投じたその時「日本丸を背負わねばならない男が、己を取った。今から日本の経済はどん底におちる。その事を知っていながらの一札を出した。魔に心を売ってしまった小沢は、善、悪の判断が無くなり、勝つために手段を選らばなくなり、政治家のモラルである「禁じ手」を駆逐して、多数派を創る事になるだろう。」と神は怒った。そしてその通りになった。
「私の霊体玉尼様に導かれて(文芸社)」の中の「88」政治について、又ブログにも書きこんでいる様に暫らく待つ事とした。
終戦後今日を危惧した人物が二人いました。三上照夫先生と松下幸之助氏です。「時とともに混迷の度を増しつつある日本、困難な時こそ人物は生まれる、時代が人物をつくる。今こそ真の指導者、私心を捨てて日本を背負っていこうとするリーダーが求められている。」リーダーを育てる為に政経塾を開いたのです。
政経塾の卒業生達 時は今 敵は自民党に在らず 小沢にあり。三上学説に報いるのは 今この時 神風は必ず勝利に導く事でしょう。
    

      神道と仏教を信仰し
      天皇陛下を國父と
      皇后陛下を國母と仰ぎ
      儒学武士道を心とする
      大和国日本の我等が
      世界を平和に導くのです。 

| 玉尼様のことば | 16:43 | comments(0) | - |
天から役目を与えられた人達

天から役目を与えられた人達

 

天は、明治維新から令和までに、西郷隆盛、小沢一郎、安倍晋三、玉木雄一郎、の四人を選びました。

 

西郷隆盛は、「維新の三傑」のひとりとして、謹厳、実直、無欲をもって明治維新を成し遂げました。

しかし、大政奉還、王政復古、大政改革、廃藩置県等によって、士族の特権を廃止したことにより、経済的基盤が揺らぎ、経済的困窮に追い込みました。

廃刀令で武士の魂を取上げ、精神的屈辱を負わせ、士族達に新政府に対しての不満を募らせました。そして反乱の危機に直面することになりました。

西郷隆盛は「逆賊の汚名」を覚悟で、己を捨て、西南の役に突入していきました。

士族反乱の最大で最後の戦いの後は、「反乱」ではなく反政府「運動」になり、中心は自由民権運動に移ることとなりました。

西郷隆盛によって、明治維新は成功したのです。

| 玉尼様のことば | 14:52 | comments(0) | - |
平成27年2月 子供会を催行いたしました。
皆、真剣に


白板2
 
| 玉尼様のことば | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
悩まない生き方を六根清浄から学びましょう
 前回、霊能者玉尼様がすすめる六根清浄大祓を書き込んでいますので、プリントアウトして、手元に置いて、毎日声を出して奏上してみて下さい。
何十回、何百回と声をだして奏上していますと教えを体感でき、悟ることが出来ます。


六根清浄大祓の教え

天照大神様が悟りの心を導いて下さいます。
人間は神様の大切な子供である。その子供達の心、魂が傷つくことが無いように導きたいから、この教えを素直に実行しなさい。

   『 仏教の教えの中にも四諦、六根の教えがあります。
    苦諦・・・・・人生は苦である。             
    集諦・・・・・苦とは執着することである。
    滅諦・・・・・執着を無くすると楽になれる。
    道諦・・・・・その執着を無くする方法、道。       
 
    目、 耳、 鼻、 口、 身、 意、を肉体の六根という。 』


執着を無くするには、
目から嫌な事、辛い事、悲しい事を見ても、忘れてしまいましょう。
耳から嫌な事、辛い事、悲しい事を聞いても、忘れてしまいましょう。
鼻から嫌な事、苦しい事を嗅いても忘れてしまいましょう。

口で、罵詈雑言を吐いたと自覚する事、そして吐いた事を反省しましょう。
身、肉体で様々な過ちを犯したと自覚なさい。そうして二度としないと反省しなさい。
心で、怨んだり、憎んだり、妬んだりしたとき、許す心、こだわらない心に成りたいと願いなさい。

何回も声を出して奏上していると、六根から執着が消えていきます。
そうすると、血液が酸性から中和されて、きれいな血となり、肝臓、脾臓、腎臓、肺臓、心臓の五臓が健全で強くなります。
五臓が強くなると、宇宙から降り注いでいる神磁力と、肉体の細胞と細胞をつないでいる磁力である神磁力と、地球のマグマからの磁力が繋がり、天地の神と同根になり、万物の霊と同体になることができるのです。だから願いが叶わないはずがないのです。と教えてくれています。


| 玉尼様のことば | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
霊能者玉尼様
インターネットで「 四国香川の霊能者をさがしています。」との質問に「その人は玉尼様ではないでしょうか」と、ご自分の体験談を書き込みしてくれています。

玉尼様のホームペイジの書き込みを読んでいただくと、22年前からの相談者への答え方が分かると思います。
易学では無く、本人の霊体から、霊界(5次元〜11次元)の先祖であったり、医師、弁護士、教師、大工、様々な職人、等等、必要な専門分野からの知識を教えてもらいながら、又本人の前世での生き方が、現世の生きかたえの、道しるべとしての答え方をしています。

22年前から玉尼様の答えを信じ、または自分の育ってきた正しいと思ってきた常識を、根底から覆されたにもかかわらず、「毒まんじゅう」を食べる覚悟で、答えである教えを実行に移すことで、今『幸せです。』と思える人達が、ペガサス会員となっています。

幸せな社会生活、思いやりのある人間関係を維持していくには、神様を敬い、先祖を大切に感謝する心を、常に学び、教えられなくてはなりません。
其の為に、ペガサス会では月次祭を斎行することで、神様への感謝とともに神磁力(気)をいただき、その「気」の充満した肉体に学問を学び、生活で実践して日々向上しています。

時々は、ブログを最初から読みかえして、「目からうろこ」を再体験してみて下さい。
| 玉尼様のことば | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
神様に感謝
 ペガサスこども会のY君を助けていただきました。

Y君のお母さんから電話がありました。
「Y君が機械の歯車の上にこけて、背中の筋肉まで切れて、手術の為に病院に担ぎ込まれました。」と仕事先から病院に駆けつける車の中から知らせてきました。

手術は2時間近くかかったようです。先生が丁寧な手術をしてくれたことを有難く感謝いたしました。
病室に入りますと、まだ麻酔から覚めていませんが、酸素マスクの下の顔色が良いことに安堵しました。
背中の手術ですのに仰向けにねているのにも、現代の医学にまたビックリです。

背中の傷口から管が出て、蛇腹の容器の中に血が流れ出るようになっています。主人の事故の時と同じです。今回も主人の時の様に手術をした中に神磁力を入れました。、化膿しないように、出血が止まりますようにと、神様は指先から神磁力を出して下さいました。(この行為は人間である私が望んでも出るものではありません。)
その時大国主命大神がお告げになりました。
『この子は子供会によく参加をして、わたしを信じている。この子が倒れ、機械の上に落ちる瞬間に10センチ回した。そうでないと腸だけでなく、膀胱まで切ることになる。そうなると出血からのショックで、この子の命は無かった。』
神様のお言葉を伝えますと、事故の瞬間に腸が切れたと思い抱き上げると背中だけだったので、そのとうりです。本当に助けて頂いたと喜んで頂きました。
又、あくる朝蛇腹の中の出血の量が少なくて良かったと言われたそうです。


神様とのつながりかたを、優しく教えていただきました。
【Y君が月次祭や子供会にお参りにくると、信じる心が糸(くもの糸の様なもの)となって、神様と繋がるそうです。来るたびに、糸の数が増えていきます。そしてその糸にヨリがかかり強く、強くなっていきます。
今回の様に機械の上にコケル瞬間に、そのヨリのかかった強い糸で神様が助けることが出来るのだそうです。】

信じる心こそ、我が身を助けることが出来るのですね。
Y君に教えられました。

| 玉尼様のことば | 22:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
辰年始めての石上鎮魂行法
 1月28日土曜日の7時30分 今年始めての石上鎮魂行法を清らかで、静かな落ち着きの中で行なう事が出来ました。ローソクの炎もしずかに穏やかに灯りました。
今日は鎮魂行法の中で、柔らかい新芽を感じていますと「3月までは大事に触れずに見守るように」と教えられました。参加者の人達はそれぞれに当てはめて、今起こっている事柄に対してのアドバイスとして受けとってくれました。

M先生が仕事の為【孝経】の講義が出来ないので、孝経の素読を論語普及会会長・村下好伴先生のテープで素読しました。
全員で大きな声を出して素読をしますと、言霊となって何か漠然としたものではありますが、心に響き、体内に満ち溢れる感動がありました。

夜食の美味しい「つるや食堂」のうどん、てんぷら、すし、を楽しく語り合いながら食べることもたのしみです。

今回はうれしい報告がありました。
Fさん御夫婦の奥様が「白血球が2000から4000にあがりました。」と血色の良い明るい笑顔で伝えてくれました。
一年ぐらい前に癌の手術の後の回復が遅く、青白い寂しそうな顔で鎮魂行に来られました。
指圧を月に二三回程続けること、仕事場の床暖房をすること、高タンパク質(肉、豚、鳥、魚)を今の量の倍、薬と思って食べなさい、等を指導しました。

それと同時に指導した事が体に有効に機能する為には龍神社、月次祭、鎮魂行法に参加して神様の神磁力をいただいて、免疫力を強くしなければなりません。

神磁力とは、体の基礎免疫力を高める為の方法です。(白血球を増やすには基礎免疫力を高めなけれなりません。)

石上鎮魂行法は、一番沢山に神の神磁力を全身に受け入れる事が出来る方法なのです。
肉体の細胞の素粒子と素粒子をつないでいる磁力は神磁力と同じ磁力なのです。
だからその磁力が強くなると、素粒子と素粒子が強く繋がることになります。細胞が強くなることとは、基礎免疫力が強くなることなのです。

Fさんのご主人も「一年前から見ると10歳ぐらい若くなった」と、ペガサス会の皆が驚いています。
お二人が指導された事を信じて実行してくれた良い結果に、周りの皆が刺激されて、信じる事の大切さをあらためて強く肝に銘じました。
| 玉尼様のことば | 20:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
建国記念日の行事に参加しましょう。国旗掲揚しましょう。
午後1時より平井先生の古事記の勉強会がはじまりました。

 今年始めての古事記の勉強会に相応しい「建国記念日」のお話でした。
学校教育の中から「徳育」が無くなってもう60数年もたってしまいました。とても悲しい事だと愁いていましたが、去年の東日本の人々が世界に知らし召してくださった大和魂こそが、徳育の教えではありませんか、日本人の血脈としてるいるいと流れていたのです。
「徳育」の根は枯れていないのです。ありがたいことです。

教育勅語の十二徳
 孝行.......子は親に孝養をつくしましょう。
 友愛.......兄弟、姉妹は仲よくしましょう。
 夫婦ノ和....夫婦はいつも仲むつまじくしましょう。
 朋友ノ信....友達はお互いに信じ合ってつき合いましょう。
 謙遜......自分の行動をつつしみましょう。
 博愛......広くすべての人に愛の手をさしのべましょう。
 修学習業...勉学にはげみ職業を身につけましょう。
 智能啓発...智徳を養い才能を伸ばしましょう。
 徳器成就...人格の向上につとめましょう。
 公益世務...広く世の人々や社会の為になる仕事にはげみましょう。
 遵法......法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう。
 義勇......正しい勇気をもってお国の為に真心をつくしましょう。

世界(ドイツ、イギリス)が手本としている教えが、何故日本の教育では学校で教えないのか?
建国記念日の行事に参加して、心ある者が一人ひとり立ち上がり「徳育」を学校教育にとりかえさなくてはなりません。
又【国旗】を掲揚し、日本人であることに誇りを持ちましょう。

| 玉尼様のことば | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ 過去の記事
+ プロフィール
+ その他
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
このページの先頭へ